PR Standardブログ

広告換算値は無意味!? PRを直接的な売上アップに繋げる方法とは?

PRで売上は上がらないという意見もあるようですが、KMCの考えは違います。多くの企業にとってPRは広告宣伝の手法のひとつでしょう。つまりPR活動の最終的な目的は自社の利益追求。そんなニーズに応えるために、KMCは各種ノウハウをストックしています。

PR活動のゴールはメディア露出・パブリシティの獲得ではなく、ましてや広告換算値でもありません。それらも重要な指標ではありますが、その結果として売上に繋がらなければ意味がありません。

PR活動による「バンドワゴン効果」で売上が上がる

PRで売上を上げる方法、その軸にあるのは「バンドワゴン効果(bandwagon effect)」です。これはアメリカの経済学者が作った用語ですが、人は流行っているものに着いて行きたくなる、という現象を指します。

PRでバンドワゴン効果を生み出すことができれば、売上は上がります。つまり、単にメディアから取材されるだけでなく、「いま流行っている◯◯」という文脈で露出する事が重要です。需要喚起するニュースをどう作るか。これがPR担当の腕の見せどころです。メディア露出をゴールに据えているうちは、ここにたどり着きません。

露出タイミングと文脈をコントロールする方法とは?

ニュースを作ると申し上げましたが、その具体的な手法を簡単にご説明します。ひとつのセオリーとして、KMCがおすすめするのはキャンペーンを用いたPRです。時事ネタ、季節ネタに絡めたキャンペーン開催。これはあらゆる業種に応用可能な手法です。それが報道されるときは、こんな形になります。

『今日は◯◯の日ですが、都内ではこんなキャンペーンが開催され、多くの人が参加しました……このキャンペーンは今月末まで実施予定とのことです』

メディア露出のタイミングと文脈を、実質的にこちら(KMC)がコントロールしている点に注目してください。メディアに取材されるのをじっと待っているのではなく、こちら主導でニュースを「作って」います。

PR活動で直接的な売上アップも可能である

狙ったタイミング、狙った文脈で複数メディアからの集中的な取材を獲得することで、バンドワゴン効果を生み出すことが可能。KMCはそう考えています。もちろんお客様の業種業態によってPRのしやすさは異なり、様々なアレンジや、細かなテクニックがありますが、基本は同じです。

もし「広告換算値はどうでもいい」「売上に直結するPRをされたい」とお考えであれば、ぜひKMCにお問い合わせください。御社にマッチするPR手法をご提案差し上げます。

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

TEL 03-6261-7413

営業時間: 平日 10:00 ~ 18:00 土日祝休