PR Standardブログ

本気で学べる広報! 飲食店の広報PR戦略

飲食店キャンペーンは時事ニュースに絡めた施策を

さて、いよいよ外出規制も緩和され、飲食店にも客足が戻りつつあります。そこで今回は飲食店の広報PR活動に関して、特にテレビ露出を狙う為の有益な情報ご紹介をしていきます。

飲食業界は最もテレビ露出を狙いやすい業界の一つ

まずはじめに、飲食店のPRはやり方さえ間違わなければ恐らくテレビパブリシティを獲得するのに最も適した業界の一つといえるでしょう。

朝夕の帯の情報番組の特集コーナーで「グルメ」を取り扱わない日を見ない事はありません。なぜなら数字があるからです。視聴率を取りやすいジャンルであることはメディア以外のみなさんも何となくご存じのハズです。

いわゆるグルメネタです。
中でもよく見かけるのは「デカ盛り」「食べ放題」「行列店」「極狭繁盛店」など。

とはいえ、定番メニューとしてデカ盛りをやるのも採算が合わない。
食べ放題なんてもってのほか。行列店や極狭繁盛店でもない。
つまりこれら特徴をもたない飲食店は取材されることはないのか。
もちろんそんなことはありません。

特徴のない店がテレビで紹介されるには

結論から先に言うと「期間限定でお客様にとってコストメリットのある大盤振る舞いキャンペーン施策」を打つ事です。

デカ盛りや食べ放題を通常の定番メニューにまではできないが、メディア露出を狙う為の「期間限定キャンペーン」としてなら広告費として考えれば十分採算が取れるはずです。

さらにこうしたキャンペーンには世相を反映させるとメディアは飛びつく傾向にあります。なぜならニュース性が担保されているからです。
情報番組とはいえ、基本テレビはニュース性の高いネタを優先的に紹介する文化があります。

では一体、世相を反映させたキャンペーンとはどういうものでしょう。

世相を反映させたキャンペーン施策とは

例えば、この記事を書いている2021年12月の現時点であれば「政府が検討する18歳以下の10万円給付」に絡めるのもニュースバリューは高いでしょう。
特に飲食店キャンペーンはこうした時事ニュースに絡めた施策を打ちやすいです。

では具体的に「政府が検討する18歳以下の10万円給付」に絡めたキャンペーン施策をここで一つ紹介します。

題して「使い道は子供が決める!親孝行キャンペーン」なんてどうでしょう。
現時点で10万円全額給付を予定する自治体も増えています。
ただ、そうなると政府が懸念するように大半の家庭が子供の意思は無視され貯蓄に回されてしまうはずです。
そんな課題を解決するためのキャンペーン施策です。

18歳以下の子供が家族を伴いお店に来店すれば8割引き、なんて面白いと思います。

これなら新メニューの開発も必要ありません。既存のメニューで対応できるので即時性もある。給付開始と同時にスタートできます。

期間は3週間ほど設け、その間に来店した18歳以下のいる家族は全員対象とする。

メディアが好む施策は基本、社会課題を解決する企画です。
それは番組で紹介する大義名分があるからであり、すなわちそれがニュースバリューになります。

また、割引等コストメリットがある企画も好まれます。
なぜならそれを紹介すること時代、視聴者にとってのメリットにもなるからです。
こうした思い切った割引キャンペーンも期間限定であれば、広告宣伝費と考えれば安いもの。
是非、時事性のある大胆な施策を考案してみてください。

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

TEL 03-6261-7413

営業時間: 平日 10:00 ~ 18:00 土日祝休