【Slackスタンプ作り方解説も】社風が見える!?KMCのオリジナルスタンプがクセ強すぎる!

2023年05月26日(金) KMCgroupとは?
Yalcin Sonat / Shutterstock.com

KMCgroupでは、社内コミュニケーションにビジネスチャットツール「Slack」を利用しています。KMCはスマートワークを推奨しており、メンバーそれぞれがリモートワークと出社のハイブリッドで業務を行っているため、社内コミュニケーションには必須のツールです!

そんなSlackでは、投稿された内容に対してスタンプで反応することができます。デフォルトで設定されているものもありますが、実は誰でもオリジナルスタンプが作れちゃうんです!

そこで今回は、“KMCの社風を表す”と言っても過言ではない、KMCメンバー間で日常的に活用されているユニークなSlackスタンプを紹介します。さらに後半では、オリジナルスタンプの作り方解説も!

KMCから生まれたオリジナルスタンプは全88種類!

Slackでの発言に対して、気軽に反応を送れるスタンプ機能。KMCのSlackにはメンバーが作成したオリジナルスタンプが全88種類もあります。

「承知しました!」「お疲れさまでした!」のようなやり取りを減らして効率化できる便利なスタンプから、「おもろ」「すてき」といった労りや感謝の気持ちを伝えるものまで、バリエーション豊か。

受注報告にスタンプがたくさん押されている様子

日々メンバーの報告や業務連絡にはスタンプがたくさん押されることが多く、KMCのコミュニケーションツールの一つといえます。スタンプを押してもらえると、投稿者のモチベーションも上がりますよね!

社内メンバーの「顔スタンプ」も!よく見るとそれぞれの個性が爆発…!?

また、社内メンバーの顔写真がそのままスタンプになるという唯一無二のものも!

「確認済」といった意味を込めて自分のスタンプを使用するだけでなく、なぜか自分とは全然関係ない顔のスタンプを押す人もちらほら……(それがどういう意味を持つのかは謎)

スタンプをよく見てみると、バンドをやっているメンバーはギターを持っていたり、ダイビングが趣味のメンバーはゴーグルをつけていたりと、それぞれの趣味や個性が爆発しているという共通点を発見。

山登りが趣味のメンバーはピッケルを振りかざしています。見方によっては不審者……(笑)

【社内調査】普段どんなスタンプを使いますか?

「いいね!」の反応には「岩崎」スタンプ

「PRのプロフェッショナルが目指す「広報のDX化」の記事にも登場している、smartPR代表の岩崎スタンプ。PR戦略局長の石井は「いいね!」「よくやった!」など、良いことをしたメンバーの投稿に使っているのだとか!(岩崎さんのいないチャンネルでこっそり使っている模様)

今後このスタンプを押してもらえたら、モチベーションが上がりそうです。

最大限の感謝には「ありがとうございました」スタンプ

アシスタントチームの濱田は、とにかく感謝を伝えたい!と最大限の気持ちを伝えたい時に「ありがとうございます」スタンプを使うのだそう。リモートの場合、直接伝えられないからこそ、スタンプを使ってありがとうの気持ちを伝えられそうですね。

【Slackスタンプの作り方解説】自分のスタンプを作ってみた!

そういえば、自分のスタンプが無いぞ……?ということで、今回は筆者(五十嵐)のオリジナルスタンプを作ってみました。

【STEP1】Slackチャンネル左上の環境設定から「以下をカスタマイズ」を選択

【STEP2】ワークスペースのカスタマイズから「カスタム絵文字を追加する」を選択

【STEP3】画像をアップロードして名前を付ける

「保存する」を押したら完成! あっという間にオリジナルスタンプができました。

自分で作ったスタンプは何だか愛着が湧いて、今後Slack上のコミュニケーションもちょっとテンションが上がりそうです。

みなさんもぜひ挑戦してみてくださいね!

PRの相談をする

おすすめタグ

関連記事