SERVICE

リスクとクライシスから身を守る ダメージを最小限に抑えるための 危機管理広報をコンサルティングいたします!

不祥事が発覚するなど危機的状況に直面した企業が、記者会見などの広報対応の失敗で事態が悪化してしまうというケースは少なくありません。一旦メディア対応を間違えると、二次被害として企業イメージがどんどん崩れ、信頼回復への道は大変難しくなります。
危機は、クライシスが起きる前の潜在的な「リスク」、すでに起こってしまった「クライシス」との2つに分けられます。
「リスク」の発生を未然に防ぐ「リスクマネジメント」が最も大切なことは当然ですが、「リスク」をゼロにすることは不可能です。さらに「クライシス」の発生は予想できず、突然起きます。
「クライシス」対応は、何よりも初期対応が肝心であるにも関わらず、「クライシス」への備えが十分でなければ取り返しのつかない結果になることを知っておかなければなりません。
また、インターネットやソーシャルメディアの普及によって、ある投稿をきっかけに企業ブランド、レピュテーションの毀損、信頼失墜など、これまで以上に新たなリスクが拡大しています。
クライシスを速やかに収束させるには、スピード感のあるメディア対応、適切な情報公開がカギを握ります。
KMCは、スタッフ全員がメディア出身。豊富な取材経験、メディア視線を武器に、メディアトレーニングから徹底的にサポートさせていただきます。

さらに、クライアント様が事件や事故に巻き込まれた際、または不祥事を起こしてしまった際に、ダメージを最小限に留めるための危機管理広報コンサルティングや謝罪会見などのアドバイスを行います。

KMCが選ばれる理由

1.メディア出身スタッフだからできるメディア対応トレーニング

記者会見やインタビューで、世論やマスコミの現状、空気を把握し、スムーズに対応するためには必ず訓練が必要です。マスコミと一口に言っても、テレビ、新聞、雑誌など、それぞれメディアの特性は異なります。それぞれの視点、着眼点があるため、対応するメディアの特性や背後にある状況を想定した上での対応が重要です。
KMCのスタッフは全員メディア出身。業界も多岐に渡り、豊富なノウハウが強みです。
記者からの誘導質問、厳しい質問にも対応でき、説明が理解され、信頼され好感を持たれるメディアトレーニングをご提供いたします。

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

TEL.03-6261-7413

営業時間:平日 10:00 ~ 18:00 土日祝休