特徴やメリット・デメリット&PR会社と広告代理店の違い

「PR」と「広告」どちらも宣伝活動を指しますが、違いを理解している方は意外にも少なく、意味を混同して使いがちの言葉です。しかし2つには、明確な違いがあります。それぞれの特徴やメリット・デメリット、意外と知らないPR会社と広告代理店の違いについてご紹介します。解説するのは、PR戦略コンサルティング事業を行う、株式会社カーツメディアコミュニケーション代表の富樫嗣です。宣伝活動の基礎知識としてご覧ください。

PR・広告それぞれの意味とは?

「PR」と「広告」。何かを宣伝する際に使う言葉ですが、明確な違いはよくわからないという方も多いと思います。2つの違いを知るためにも、まずPRと広告、それぞれの言葉の意味を理解してみましょう。

PRとは?

  • PRとは、パブリックリレーションズ(Public Relations)の略で、「利害関係者と良好な関係を築く」という意味があります。いくつもある宣伝手法の一種と捉えられがちですが、もともとは消費者との関係構築を目的とした概念です。

    そんなPRの概念を宣伝活動へ落とし込んだのがパブリシティ活動です。パブリシティ活動は、まず企業が宣伝したい情報を発信し、興味を持ったメディアなどに取材をしてもらいます。その後、取材を行ったメディアなどが得た情報をもとに、消費者に発信する2wayの宣伝手法です。

    他にもSNSなどを通じて、消費者に直接情報を発信する活動もPRで担うこともあります。

 

広告とは?

  • 広告とは、街の看板やチラシ、情報サイトやテレビCMなどの広告枠を買い取ることで市場にアピールする宣伝活動のことです。

    広告は買った枠を利用して、情報を一方的に発信するので、1wayの宣伝となります。PRのようにメディアを間に挟むことなく、企業が流したい内容を流したい形で市場に直接打ち出すことができる手法です。

    日本では古くから馴染み深い宣伝活動ですので、多くの方がまず思い浮かぶ手法です。

PR・広告の違いを徹底比較

PRと広告の意味を理解できたところで、それぞれの違いをチェックしましょう。目的やメリットなどの違いを簡単にまとめました。

PR 広告
目的 発信側と受け手側の双方に利益があるよう関係を築く 発信したいことを発信したい形で多くの人に伝える
情報の掲載箇所 メディアの裁量にまかせる 購入した広告枠に掲載する
情報の内容 企業が作成したプレスリリースや実際の取材などを通して、メディアが情報を発信する 企業が打ち出したい広告を自社で、あるいは広告制作会社に依頼して作成する
掲載費 なし あり
メリット 伝えたい情報にニュース性がある場合、情報が広がりやすく、低コストで効果的な宣伝ができる 情報を伝えたい相手や時期を狙って宣伝を打ち出すことができる
デメリット 宣伝効果の予測が難しい 情報が狙った場所以外に広がりづらい

PRも広告もどちらも宣伝活動に変わりはありませんが、そもそもの目的から情報の流し方など、あらゆる違いがあります。もちろん、違いがあるからこそそれぞれに得意な形式や魅力があります。

広告にはない「PR」の魅力

PRは宣伝したいものの話題性が強い内容だったときに、情報が拡散されやすいのがメリットです。話題性が高いということは興味を持つメディアも多い為、多くの媒体で報道される可能性が高くなります。さらにPRの場合、メディア(第三者)が消費者に向けて客観的に情報を広めるので、宣伝色が薄まり消費者の心を打ちやすいという特徴があります。

PRにはない「広告」の魅力

宣伝内容を自由にコントロールすることができるので、企業・商品の世界観を守れるというメリットがあります。また、内容だけではなく時期や掲載場所も選べるので、明確なターゲットに向けた発信をすることができ、情報の広がりや効果が予測しやすいです。

PR会社と広告代理店の違い

PR をしたいのであればPR会社、広告を出したいのであれば広告代理店を利用されるかと思いますが、どちらに依頼するべきか判断が難しいこともあるでしょう。導入前に役立つそれぞれの違いや基礎知識を解説します。

PR会社 広告代理店
アプローチ方法 宣伝したい内容に相応しいメディアを選定し、メディアに受けやすいプレスリリースなどの作成 宣伝したい内容に相応しい広告枠や制作会社を選定し、広告制作から出稿までディレクション
メリット メディア受けする情報発信のノウハウがあり、効果的にメディアを利用する能力に長けている 消費者に向けて効果的に広告を利用して宣伝する能力に長けている
デメリット メディアが客観的にニュースを作成するので、意図しない形で報道される可能性もある 広告代理店のコンサルティング料に加え、広告費もあるため費用がかかる

PR会社とは?

PR会社は企業や組織の代わり、もしくはともに活動して、PRの目的のもと信頼を勝ち取る活動を行います。PRは基本的に宣伝内容をメディアに報道してもらうので、メディアが報道したいと思う情報でなければ、市場に宣伝が発信されることはありません。しかし、PR会社は多くのメディアとのつながりをもっている場合があるので、メディアを引き寄せる戦略が豊富です。

【PR会社を導入した際の宣伝活動手順】
1. 情報を発信してもらいたいメディアの選定
2. 利害関係のない第三者(メディア)に関心を持ってもらう(報道してもらう)にはどうアピールすればよいか、すり合わせる
3. プレスリリースなどの作成

広告代理店とは?

広告代理店は企業や組織とメディアの間に入り、宣伝したいものの広告作成から掲載・放送されるまでを担います。代理店で広告制作を行うこともあれば、広告のアイデアを企画し、必要に応じて制作会社に広告の制作を依頼する場合もあります。費用はかかるものの、どんな広告をどの広告枠に掲載すると効果的かなどのノウハウを駆使して、的確に広告をディレクションします。

【広告代理店を導入した際の宣伝活動手順】
・どこに広告を出すか決める(広告枠の選定)
・どのようなクリエイティブで出すのかを決める
・広告の作成(必要に応じて制作会社に依頼)

PR・広告の違いを知って、特性を活かせる広告活動・会社選びを

PR・広告は同じようで違う宣伝方法です。PRと広告、どちらの効果が高くなるかは、宣伝する目的や宣伝したいターゲットやニュース性の有無など、さまざまな要因で変化します。宣伝活動を他社にサポートしてもらう場合は、PR会社と広告代理店、それぞれの特徴を理解して依頼先を決めるとよいでしょう。また、PRと広告はまったく別の方向を目指しているわけではなく、とても親和性の高い概念なので、両方使うことで宣伝の漏れを補い合うこともできます。

宣伝活動を始めるときにPRを使う、つまり報道を利用することを先に考える方は少ないと思います。これは多くの方が、報道で自社の情報が載るということにすぐ考えが及ばないからかもしれません。弊社ではニュース性のある情報に対し、能動的に報道を利用して宣伝するプランをご提案しています。自社の持つ情報にニュース性があるか知りたい、宣伝活動がはじめてでどうしたらいいかわからない、そんな方もぜひお気軽にお問い合わせください。

記事監修

  • 株式会社カーツメディアコミュニケーション 代表取締役
    富樫 嗣 (Yuzuru Togashi)

    2003年 証券会社入社
    2006年 出版社入社
    2009年 ヘッドハンティングを経てPR会社に入社
    消費財や自治体、出版のPRコンサルティングで成果を上げる
    2011年 株式会社カーツメディアワークスの経営に参画
    PRコンサルティングにとどまることなく、ニュースメディアを筆頭に3メディアの立ち上げ~運営のプロデュースを担当
    2014年 株式会社カーツメディアコミュニケーション設立
    代表取締役に就任

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

TEL.03-6261-7413

営業時間:平日 10:00 ~ 18:00 土日祝休