ABOUT PR


適切なPR会社の選び方とは

PR会社に依頼する際、どのPR会社に依頼すればいいのか迷うことがあるかもしれません。そこで、PR会社の選び方をご紹介します。PR会社を選ぶ際には、目的や方針に応じた4つの絞り方があります。

1.業態で選ぶ

総合PR会社/専門PR会社、デジタルマーケティング会社、イベント会社、モニタリング・調査会社 など

企業の業態、つまり営業形態から選びます。PR会社の中にも様々な営業形態をとっている企業があるので、自社の目的に応じて選べば、より効率的な成果につなげることができます。

2.得意とする業務で選ぶ

金融、自動車、IT・情報通信 など

得意とする業務分野から選ぶ方法です。マルチで対応できるPR会社もありますが、多くのPR会社はそれぞれ得意分野があります。得意分野にはつながりの深いメディアやその分野に対するノウハウなどを豊富に持っている可能性が高くなります。PR活動を無駄にしないためにも、得意分野のミスマッチは避けたいところです。

3.得意とする業種で選ぶ

金融、自動車、IT・情報通信 など

PR会社が得意とする業種を業界別で選びます。「2」の「得意とする業務で選ぶ」と同じ理屈ですが、その特異分野を業種で絞る方法です。その業界に対するノウハウや記者とのつながりも持ち合わせている可能性が高いため、自分たちの業界に合わせてPR会社を選ぶのもいいでしょう。

4.実績や規模で選ぶ

売上高・社員数 など

PR会社の規模やこれまでの実績から選びます。規模が大きく、業界内で名が通っている企業の場合、一定のクオリティを期待できる可能性が高いと考えることができるかもしれませんし、その反面、実力あるスタープレイヤーが担当としてアサインされる可能性は低いでしょう。一方、規模が小さい会社はその会社の主力メンバーが担当してくれる可能性は高まりますが、大手よりもクオリティが安定しないかもしれません。

PR会社との主な契約方法・種類

PR会社との契約には、一般的に「リテナー契約」と「スポット(プロジェクト)契約」の2種類があります。それぞれの契約形態は、戦略や方針に応じて使い分けられます。

  • リテナー契約

    リテナー契約とは、半年から1年単位の契約のことです。業務内容や量の目安、月額フィーを設定して、長期継続的に活動します。長期的に会社のPRを依頼したい場合に利用するのがリテナー契約です。

  • スポット(プロジェクト)契約

    スポット契約とは、案件ごとにPRサービス契約を締結することをいいます。活動は一定期間で、特定の商品、サービスなど、一定の期間で業務が終了する案件など向けです。

PR会社を起用する際の費用とは

PR会社への委託費用は、主に広報PR活動を行うためのコンサルティング料、実務の活動費用やそれに伴う実費です。広告とは違いメディア等での掲載料や放映料を支払う必要はありません。

01

年間計画を立案してPRを行った場合 スポットではなく、年間を通じてPR会社を起用する場合は次のような費用が想定されます。

  • 月額費用

    毎月定例ミーティングを開催し、戦略計画のアップデートや、実際のメディアへの情報提供状況共有、新たな施策の立案等を議題とします。

  • クリッピング費用

    メディアでの露出情報や、SNSでの話題化状況などが報告書として提出されます。

  • 記者会見費用

    新商品発表会など、プレスに向けたイベント費用は月額費用に含まれません。

  • 効果測定費

    PR活動の成果として認知度上昇や意識変容が見られるかをアンケート調査で測定します。

02

テレビで成功報酬型のPRを行った場合 テレビで成功報酬型のPRを行う場合は次のような費用が想定されます。

  • 着手金

    情報収集したり、報道資料を作成し、番組に情報提供を実施します。

  • オンエア報酬

    番組の取材獲得に成功し、実際にオンエアされた場合、あらかじめ定められているオンエア報酬を支払います。オンエアがされない場合、着手金以外の費用は発生しません。

03

プレスイベントサポート・運営代行 記者発表をはじめとした、プレスイベントを依頼する場合は次のような費用が想定されます。

  • イベント企画費

    報道の獲得につながるようイベントを企画・立案します。

  • メディア誘致費

    案内状の作成から送付、誘致を行い、メディアのイベント参加を獲得します。

  • イベントの

    事前準備費

    会場の予約から設備・備品・スタッフの手配、進行表の作成、当日配布するプレスリリースや説明資料の作成をします。

  • イベント運営費

    イベント当日の運営業務全般、各種フォロー、メディア対応を行います。

  • 事後フォロー費

    イベントに来場したメディア、できなかったメディアごとのフォロー、イベントを取り挙げた記事、番組のチェック、露出への評価を行います。

※会場費や設備費、備品費、司会者やイベント内でタレントを起用した場合のキャスティング費は別費となる場合がほとんどです。

04

アンケート調査PR アンケート調査を用いたPRを行う場合は次のような費用が想定されます。

  • 調査企画・

    テーマ設定費

    宣伝したい商品やサービスのPRに関連しつつ、流行やニーズに合わせた調査テーマを企画・設定します。

  • 調査実施費

    設定したテーマのアンケート調査を行います。実施に当たっては、外部の調査会社に委託するか、クライアントの顧客リストを使用します。

  • 結果集計費

    アンケート調査の結果を集計し、グラフを作成します。付随する業務として、結果の分析・コメントの執筆が挙げられます。

  • プレスリリース作成費

    メディアに向けて発信するために、プレスリリースを作成します。

  • メディア選定費

    アンケート調査の内容に沿ったメディアの抽出・選定を行い、リスト化します。

  • プレスリリース
    発信費

    郵送、FAX、メールをはじめとした方法でプレスリリースの送付を行います。送付後に電話、必要があれば訪問でフォローを行います。

  • クリッピング費

    アンケート調査結果を取り挙げた記事、番組の抽出と確認を行い、記録します。

  • 露出評価費

    広告換算で今回のメディア露出の結果を評価します。広告換算とは、今回の掲載やテレビ番組での放映を、同じ場所・時間帯で広告を出した場合の金額に換算し、比較することです。

目的や方針に応じて
PR会社にPR依頼を相談してみましょう

混同されがちな「PR会社」と「広告代理店」などその他用語も、それぞれの意味を整理して考えれば、その違いは明確になります。もしメディア等での報道を増やしたいとお考えなら、PR会社へ依頼することをオススメします。PR会社はメディアやジャーナリスト、インフルエンサーなど第三者が自社の商品を紹介してくれるよう情報や施策を設計するので、成功すれば広告よりも自社商品の評判や評価が高まります。まずはPR会社を比較検討してみましょう。気になるPR会社へ依頼内容の相談から始めてみては、いかがでしょうか。

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

TEL.03-6261-7413

営業時間:平日 10:00 ~ 18:00 土日祝休