ABOUT PR

そもそもPR会社とは?

「PR会社」とは、企業、組織の代理人として、あるいは協力して公との良い関係を作るための戦略を立案し、実行する会社のことをいいます。広告とは違い、利害関係のない第三者が思わず話したくなるような話題を設計し、裏付けのある事実を発信することで話題を広げ、信頼や評判の獲得につなげます。

PR会社の主な仕事内容

PR会社の主な仕事内容には、マスコミに情報提供し、取材してもらうよう働きかけるメディアリレーションと呼ばれる活動があります。また、話題化につながるコンテンツづくりや、マーケティング、ブランディング、SNSやWebメディアを活用した施策も手掛けます。他にも、株主とのコミュニケーションを行うIRや、社内の活性化を目的としたインターナルコミュニケーションも業務に入ります。

PR会社の種類

PR会社には主に「総合PR会社」と「専門PR会社」の2つの種類があります。それぞれの概要と両者の違いをご紹介します。

  • 総合PR会社

    「総合PR会社」は、多種多様な業界やサービスに対応しています。その仕事内容は、パブリシティ、マーケティング立案、SNSなど、多様なコミュニケーション活動を戦略立案から実行まで一貫して行います。

  • 専門PR会社

    「専門PR会社」は、業界、サービスを限定して活動しています。特定の業界、サービスを専門としている分、その分野には他の企業よりも精通していることが多いです。

混同されがちなPR会社と広告代理店の違いとは?

宣伝したいものの広告を制作し、その広告が実際に放送・掲載されるまでの業務を代行する会社を総称して「広告代理店」と呼びます。

PR会社と広告代理店の違いは、メディアへのアプローチの方法にあります。「PR会社」は、プレスリリースの発信やメディアへの直接的な情報提供により取材を獲得し、記事や番組内で報道してもらうよう活動します。一方で、「広告代理店」の仕事は、広告枠を買い取って、宣伝したいものを“広告”として掲載することです。これら2つの活動内容は大きく異なるため、目的によって使い分けることで広く効率的なマーケティングを行うことができます。

  • クライアントが発信したい情報

    PR会社

    プレスリリースの発信や
    メディアへの情報提供を行う

    メディアからの取材などを通じて、
    各メディアが、記事や番組内で情報を報道

  • クライアントが宣伝したいもの

    広告代理店

    メディアの広告枠を買い取る

    購入した広告枠内に、広告を掲載

目的や方針に応じて
PR会社にPR依頼を相談してみましょう

混同されがちな「PR会社」と「広告代理店」などその他用語も、それぞれの意味を整理して考えれば、その違いは明確になります。もしメディア等での報道を増やしたいとお考えなら、PR会社へ依頼することをオススメします。PR会社はメディアやジャーナリスト、インフルエンサーなど第三者が自社の商品を紹介してくれるよう情報や施策を設計するので、成功すれば広告よりも自社商品の評判や評価が高まります。まずはPR会社を比較検討してみましょう。気になるPR会社へ依頼内容の相談から始めてみては、いかがでしょうか。

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

TEL.03-6261-7413

営業時間:平日 10:00 ~ 18:00 土日祝休