INTERVIEW

福永 圭佑

入社のきっかけを教えて下さい。

もともと広告代理店にいたんです。テレビCMを作ったり、イベントを企画したり、キャンペーンをやったり。でも広告のビジネスモデルとかマネタイズの効率を考えると、手法としてほぼやり尽くされた感があり、自分にとってはそれが少し息苦しい気がしていました。ならば、いま世の中で面白いことができそうな業界はどこだろう?って考えたとき「どうやらPR界隈が熱いらしい」と知りまして。それで飛び込んでみました。KMC入社のきっかけは、エージェントの人に「いま一番熱いPR会社です」って紹介されたことです(笑)

現在はどのような業務を担当していますか?

肩書きはプランナーです。新規のお客様に対して日々ご提案をしています。いろんな切り口を考えたり、コンテンツ企画を考えたり、それらを企画書に落とし込んでプレゼンするという仕事です。クライアントがいて、その先に消費者がいて、メディアを使って伝えていく、という意味ではPRも広告も同じなんですけど、手法としてのPRは遠大だなと思っています。面白いアイデアがあり、それがクライアントのビジネスにとってプラスになるというロジックさえあれば、その提案が自社(KMC)に数千万円のマージンを生まなくたって成り立つんです。そもそもPR会社はマージン商売じゃないですしね。おのずと発想の幅が広がるわけです。

どのような点にやりがいを感じますか?

以前在籍していたような1,000人規模の会社では、たったひとつのプロジェクトであっても関わる人数が多く、意見をまとめていく中で最大公約数的な結論にせざるを得ないという現状があったと思うんです。わかりやすく言うと「無難」に落ち着きやすいところがある。無難を前提で最大限クリエイティビティを発揮できる人ももちろんいるのですが、僕にはそれができなかった。

一方のKMCはノールールです。「フレームが無い」といった方が個人的な感覚には近いかもしれません。毎回のように白紙からスタートする苦しみはありますが、意外とそういう雰囲気を面白がれるタイプなんだな自分は、と入社してから気付きました。社内にもそういう変な?スタッフが多い気がしますね。

現在はクライアント業務に加え、社内ブランディングにも携わっていますが、自社の根幹部分に携わるとか、自分の力でルールを変えられるかもしれないとか、そういった発想が芽生えたこともKMCに入社してよかったと思える点です。やりがいを感じます。

福永さんにとってPRとは?

広告代理店にいたときは「PRって博打でしょ?」って思っていました。プロモーションの総予算が30億円だとしたら、PRにかける予算はせいぜい100万とか200万くらいなんですよ。CM作って、キャンペーンやって、ひと通り予算を消費して最後に残った100万円に「メディアで取り上げられますように」と願いを込めて宝くじを買うような気分で。でも実際にPRに携わって、こんなに戦略的に仕掛けていくことができるんだ、メディアに露出することだけがPRじゃないんだ、という様々なことに気付かされました。

広告業界にも「コミュニケーション・プランニング」という言葉はありますが、PRは消費者のみならず社会全体を対象として「きっかけ」や「場」を設計していく奥の深い仕事だなと感じています。

カーツメディアコミュニケーションの魅力は?

「オンエア(KMCのグループ会社)の社長(=インタビュアー)が美人なこと」(笑)。あと、「水曜がちゃんとノー残業デー」とか?(笑)。

マジメに答えると・・・これは個人的な印象ですけど、社員に偏った能力の持ち主が多いなって思っています。けっこう世の中、ジェネラリストが求められる傾向ってあるんですね、わりと何でも平均的にできる人。でも僕は元々そういうタイプじゃなくて、どっちかというと職人気質なタイプ。できることと、できないことの差がすごく激しいな、と自分では思っているんです。でもこの会社はそれが認められているというか、そういう人たちが集まって、各自の得意分野を活かしながら、得意じゃない分野があるときにもカバーし合いながら、という連携意識が強いと思います。

だから、何かできないこととか、苦手なことがあったとしても、「文章なら誰にも負けない」とか「一晩で100個くらい面白いアイデアを考えられる」とか、そういう負けない、負けたくないって言い切れるところがあれば、この会社にいられる資格があるかなって思いますね。

これから応募する方にひとことお願いします。

履歴書に書けるような実績はもちろん、趣味や特技まで業務にフィードバックできる環境がKMCにはあります。つまり会社は僕らをビジネスマンとしてではなく、多種多様な面を兼ね備えた1人の人間として尊重してくれるということですね。

何事もアウトプットできることは自分自身の可能性を広げる一番の近道だと思っています。まだ眠らせている自分の魅力に心当たりがある方は、ぜひ門を叩いていただきたいです。

え、僕ですか?んー・・・次は趣味の作曲を活かして、社歌でも作ってみましょうかね。クオリティが社内で認められれば、その後はクライアント向けのサービスとして(笑)

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

TEL.03-6261-7413

営業時間:平日 10:00 ~ 18:00 土日祝休