INTERVIEW

園部 夏織

入社のきっかけを教えてください。

前職のPR会社にはPRが何なのかまったく分からずに入社したんですけど、やっていくうちに今まで経験した仕事の中でPRが一番楽しいな、とのめり込んでいきました。それまでは自分の売っている物が他人の目にどう映るかということを考えたこともなかったんです。商品やサービスが誰にどう伝わるか、ということを突き詰めていくPRという仕事がすごく新鮮でした。

毎日楽しかったんですけど前職は業界最大手だったので、まだまだ新人の私にはPRの提案や設計のチャンスがなかなか巡ってこず、もっと「誰に何を届けるのか」みたいな、より深いことをやりたいと思うようになりました。ベンチャーのPR会社は未知数でしたが、KMCだったら色々、一からやらせてもらえそうだなと思い入社しました。

PR会社出身で入社。KMCは実際、どんな場所でしたか?

正直、入社したときはすごいギャップでした。今まで必要なものは何でも揃っていて実務にあまり不自由を感じたことがなかったのですが、KMCは前職に比べたら本当に出来立てほやほやのPR会社だったので、メディアリスト一つとってもまだまだ不十分な状態で、それを充実させなくてはならなかったり、クライアントと接するのも、出来上がっているものを売っていくというより、一緒に考えて、設計して、実行して、改善していく。本当に自分がやりたい本質的なPRをできる場所だな、とは思ったんですけど、やっぱりベンチャーなので大変でした。でもKMCと契約してくださるお客様は、そこに魅力を感じてもらっているのかな、と思いました。お客様も求めているニーズが違う。前職でやっていた時はとにかくメディアにこの商品を出したい、といった単純なものが多かったのですけど、KMCでは「広めるためにどういう手法がいいか」というところから一緒に考える機会がすごく増えました。それは今まで全然やっていなかったので、ベンチャーならでは、みたいなものをかってくださるお客様が多いのかな、というのはすごく感じましたね。

PRをずっと究めていきたい、キャリアアップしたいという人は、ベンチャーにいった方がいい、と思います。大きい会社でできることもあるんですけど、何でもやらせてもらえる機会と権限をくれる、というのは大手だとなかなか難しいです。チャレンジする機会とチャレンジする権限を与えてくれるような柔軟なPR会社に入るといいんじゃないかな、と思います。

現在はどのような業務を担当していますか?

産休に入る前はPR戦略局局長代理とBチームマネージャーを兼任していました。クライアントのPR戦略の立案、提案から設計、実行までというプランニングをメインにやっています。クライアントの課題解決に向けて、PR戦略を立案するポジションとしてチームマネジメントをしています。

もう一つPR戦略局としては、社内の業務効率改善というのが私のミッションです。例えばメディアリストを常に最適かつ最新に保ち、会社の資産として蓄積したり、報告書のクオリティをアップしたり。あとは社内の教育制度、人材が育っていく過程でより最適なものを設計して開発して、整備していくのも、今やっている仕事です。

2か月前に出産して、現状は在宅で、社内業務効率化や教育制度の整備だとかを行いながら、遠隔でチームサポートをしています。

やりたい仕事とやらなければいけない仕事のバランスはどうですか?

大半がやらなければいけない仕事だとは思います。本当にやりたいことを実現するにはKMCは非常に柔軟な会社だとは思うんですけど、それをやるには当然、しっかり基礎を学んで、色々なお客様を経験して、色々なルールにしばられなくてはならない期間というものはあります。ちょっと苦手な分野のお客様を請け負うこともあったり、苦手でも提案などをしてもらう機会もあります。だいたい入社してすぐは色々なことを経験してもらうので、不得意なものもやってもらうことが多いかもしれないですね。でも本当にここがKMCの一番いいところなんですけど、自分のやりたいことを実現するキャリアプランというのがすごくしっかりしているので、苦手なこともやりたいことを叶えるためのもの、と思ってもらうといいかな、と思います。ここ頑張ったら、あれがある、みたいな感じは会社としては用意しているかな、と思います。

どのような点にやりがいを感じますか?

イベント設計などは、大きいものだと半年くらい前から提案して、プランニングして、キービジュアルを何度もやり直して、文脈を開発して、これよりはこっちの方が世の中でニュースになりそうだな、ということを考えるんですけど、それを半年くらいやって、明日、いざリリースするとなるとすごくワクワクしますし、やっぱり実際にニュースとして世に広まっているのを見ると感極まるものがあって、すごいやりがいを感じますね。あとは報告書を作っているときも実感があります。ああ、これだけやったんだなあって。

妊娠・産休中、会社はどういった対応でしたか?

KMCは個人の意思を最大限尊重してくれようとする会社です。それはKMCの代表もそうだし、周りもそうです。

妊娠が分かった時、局長代理になって2か月くらいで「もう仕事辞めないといけないかな」とちょっと思ったんですよ。やっぱり子どもができたらキャリアが断絶される、というのはみんな直面することですよね。だけど代表は色々な選択肢を用意してくれて、「しっかり休んでもらってもいいいし、仕事に関わりたい、というのなら、関わり方を自分で考えてくれれば、それを最大限尊重します」と言ってくれました。私はとにかく仕事から離れたくなくて、産前もいらないから仕事させてほしいって、産後だけ、法律の期間、休ませてもらいました。

KMCはリモートで仕事ができるじゃないですか。それは本当によかったです。どこでも仕事ができる環境だったので、今の働き方ができていると思います。

私は、管理職でクライアントワーク以外にもやることがある、だからこういった働き方ができた、というのはありますが、現場の社員でも最大限、働き方を尊重する努力はしてくれると思います。

カーツメディアコミュニケーションの魅力は?

自分がやりたいことをやるチャンスもありますし、それに対する権限も与えてくれます。

あと社員でも会社をよくしていくために役員陣に対して、会社ってこうあるべきじゃないですかとか、こういう部署を作ってみたらどうですかとか、色々提案する機会があるんです。

PRをやっていく上で、経営に参画する意識というのは必要なスキルだと感じます。

最近はPRを経営戦略の一環として積極的に行っている会社も増えてきました。PRって何だろうって考えた時に、私は行動するきっかけの一つだと思うんです。物を売っている商売だったら、その人に物を買おうと思わせる必要があるじゃないですか。その中で会社がどう考えているかを第三者の目線を通して発信する手段は企業にとってすごく重要なことなんですけど、そこを経営戦略としてとらえている企業は多くないと思います。

何かを買うこと、今は価格でどうこうではなくて、そこに付加価値をつけるのにやっぱりPRが重要です。

KMCは経営に参画できる機会が多いので、そういった意識が自然に身につくということでもPRをやる上ですごくいい環境かな、と思います。自分でどんどん発言して何かを築き上げていく、というのは会社でもできるし、それがクライアントワークにも活きていきます。

これから応募される方に一言、お願いします。

どんどんチャレンジできる会社だし、仕事の成果に対して正当な評価もしてくれる会社です。

スキルアップを考えている方にはぜひ来てほしいな、と思っています。

お見積りやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

TEL.03-6261-7413

営業時間:平日 10:00 ~ 18:00 土日祝休