CASE STUDY

    要望

    飲食業界に存在する「直前キャンセル」、「集客」、「人材」という3つの課題のうち、「集客」を解決する検索の要らないチャット飲食予約「ビスポ!」をローンチするにあたり、大々的に発表をおこない広く認知を高めたい。

    課題

    ビスポ!は、従来の飲食店予約方法とは全く別の新しいサービスだが、大手グルメポータルサイトなど、従来の予約方法が世の中に深く浸透しており、違い(常識を覆す)をわかりやすく伝えることが必要だった。また、新サービスの発表と同時に新会社のお披露目だったため、メディア内の認知度および市場の認知度を一気に高める施策を打つ必要があった。

    解決策

    認知度を一気に高めるために、一斉にメディアに周知できるプレス発表会を開催。メディアやジャーナリスト、および飲食店オーナー、ユーザーに「メッセージ」を分かりやすく伝えるために、サービスビジュアライズ、動画など、感覚的に理解しやすい方法で説明した。「世界初の飲食テック」というキーワードの元、「飲食店視点」と「ユーザー視点」の両面から、課題提起と解決策を発表することで、飲食(業界)に関わるあらゆるマスに対して広く共感を得ることができるよう、従来の「検索」に対する対比語として「コミュニケーション」と表現し、一言で違いが分かるように訴求した。

    また、代表の個別インタビュー、デモンストレーション、導入飲食店の取材許可取りなど、幅広い媒体での露出を確保するための取材対象及び素材を事前に用意し、TVに対しては、発表会前に個別に情報提供することで、各番組の取材希望事項を吸い上げた。

    実績・結果

    プレス発表会には、国営放送やキー局経済部や情報番組をはじめ、通信社、新聞、IT系WEB媒体など約30媒体が出席。ビジネス番組および情報番組を含むテレビ13番組、新聞2紙、WEB約120媒体で記事が掲載される結果に。発表会当日から翌朝の一連のメディア露出およびSNSでの拡散によってサイトへのトラフィックが集中した。

    一覧に戻る

    お見積りやご相談など、
    お気軽にお問い合わせください。

    TEL.03-6261-7413

    営業時間:平日 10:00 ~ 18:00 土日祝休